渋野日向子(しぶこ)ニトリレディース3日目速報と結果!優勝圏内

渋野日向子プロの、スロースターターは定着したようで、毎日前半はハラハラのプレーで、後半に入るとスイッチが入ったのかのように、スコアを縮めてきます。

この渋野日向子の試合スタイルは、彼女のプレーに釘付けにならざるを得ず、より楽しめる展開を提供してくれます。

最初からぶっちぎりもスッキリしますけど、こういうハラハラも面白いものです。

渋野日向子ニトリレディース3日目

渋野プロは、ニトリレディース1日目を19位タイで終了し、2日目は4位タイで終了しました。

いずれも、前半はスコアが伸びず、後半から怒涛のような追い上げでアンダーパーの記録も26まで伸ばしました。

今日の3日目は、いよいよ優勝争いに絡んでくるでしょうから、今日の結果が一番気になります。

渋野日向子ニトリレディース3日目は

10組で8:30スタートです。

宮里美香、安田祐香と同組でスタートです。

そして、11組に、高橋彩華、アン・ソンジュ、鈴木愛が入っています。

今日3日目の目玉は、10組と11組と言えるかもですね。

高橋彩華は、6月のニチレイ・レディースで鈴木愛とのプレーオフで破れているので、「黄金世代10人目」の勝利をもぎ取れるか見ものですね。

渋野日向子ニトリレディース3日目ラウンド中の様子

昼頃から天候が荒れる予想も出ているので、全般的に早めのスタートになっています。

今日も、渋野プロは「バックナインの女」で行くのでしょうか?

まだ、ショットが本調子じゃないと行っているので、どうなるか・・・

今日は、風が強そうなので、影響でないといいですね。

  • 1H、P4:ボギー
  • 2H、P4:バーディー
  • 3H、P4:パー
  • 4H、P3:ボギー
  • 5H、P4:バーディー
  • 6H、P5:バーディー
  • 7H、P3:パー
  • 8H、P4:パー
  • 9H、P5:パー

通算6アンダーで折り返しました。

バック9本領発揮するでしょうか?

雷雲接近のため、競技は12時25分から中断しています。

この時点では、安田祐香が-10で首位。

鈴木愛とアン・ソンジュが-8で2位タイ

渋野日向子、丹萌乃、高橋彩華が-6で4位タイです。

ちなみに、渋野日向子は15番でカップまで1.5mのバーディパットを打とうとした矢先に中断となりました。

14時40分に再開されました。

  • 10H、P5:パー
  • 11H、P4:バーディー
  • 12H、P3:ボギー
  • 13H、P5:パー
  • 14H、P4:パー
  • 15H、P4:バーディー
  • 16H、P4:パー
  • 17H、P3:ボギー
  • 18H、P4:パー

この時点で、渋野通算6アンダーで首位と2打差の4位タイ

 

渋野日向子ニトリレディース3日目結果

朝から心配されていた雷のために、15番ホールのバーディパット直前で一時中断。

2時間15分の中断の間に、緊張感が切れることもなく14時40分に再開。

いきなり15番でバーディパットを沈めて幸先良い再開。

16番で首位を行く安田が、まさかの池ポチャでダブルボギー。

この時点で、首位と1打差に迫りますが、17番でボギーを叩いてしまい、また首位と2打差になってしまいました。

今日は、怒涛のバックナインは無く、18番をパーで収めてホールアウトしました。

この時点では、首位と2打差の4位タイの位置です。

明日の4日目で、優勝を狙える位置はキープですね。

連続オーバーパーなしの記録は27になりました。

まとめ

ニトリレディース3日目が終わって

首位は、鈴木愛とアン・ソンジュが通算-8で1位タイ

安田祐香が-7で3位

カリス・デイビッドソンと渋野日向子が-6で4位タイ

渋野は、まだまだ優勝圏内なので、明日の最終日に期待が持てますね。

渋野日向子の秘密がぎっしり詰まった1冊
スマイル!スマイル!渋野日向子
(月刊ゴルフダイジェスト10月号臨時増刊)
¥690