HAN-KUN 最上もが chelmicoがゴクドルズIDOL Kills


「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」のデビューアルバム「IDOL Kills」が2月13日に発売されることになりました。

え?ゴクドルズったナニモン?

まぁそんな方々に、ゴクドルズの説明も兼ねて、記事にしてみましたよ。

IDOL KillsにHAN-KUN 最上もが chelmico楽曲提供

ゴクドルズのデビュー・アルバム「IDOL Kills」に、HAN-KUN 最上もが chelmicoらが楽曲提供したそうです。

本日アルバム収録が明らかになったのは、HAN-KUN(湘南乃風)が作詞・作曲をした「酒と泪と男が女」、最上もがが作詞した「Verbena」、chelmicoが楽曲提供した「Why」、YUC’eが楽曲提供した「妄想レッツGO!」、そして2018年夏にテレビ放送されたアニメ「Back Street Girls -ゴクドルズ-」のオープニングテーマだった大石昌良提供曲「ゴクドルミュージック」のカバー。

HAN-KUNは女性の歌唱曲をプロデュースするのは今回が初で、最上もがはこれが初の作詞となる。なお、これら5曲はすべてMBS・TBS系ドラマ「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」でエンディングテーマとしてオンエアされる。

さらに、ドラマ「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」のオープニング曲の清竜人楽曲制作の「恋して♡愛して♡養って♡」や、映画版のエンディング曲ORESAMAが提供の
「ヴィーナス」も収録されています。

01. 恋して▽愛して▽養って▽(MBS/TBSドラマイズム「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」オープニング曲)
02. 恋のサカズキ(映画「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」挿入歌)
03. あたたかいその指(映画「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」挿入歌)
04. 夢のシマへ(映画「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」挿入歌)
05. 怒ってんの? (映画「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」挿入歌)
06. ありがとう (映画「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」挿入歌)
07. ヴィーナス作詞作曲:ORESAMA 編曲:小島英也 (映画ED主題歌)
08. Why(MBS/TBSドラマイズム「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」エンディング曲)
09. 妄想レッツGO!(MBS/TBSドラマイズム「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」エンディング曲)
10. 酒と泪と男が女(MBS/TBSドラマイズム「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」エンディング曲)
11. Verbena(MBS/TBSドラマイズム「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」エンディング曲)
12. ゴクドルミュージック(アニメ「Back Street Girls -ゴクドルズ-」OP曲カバー)

BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ

ゴクドルズというのは、2015年16号~2018年42号まで週刊ヤングマガジン(講談社)で連載されていました。

ジャスミン・ギュ作の「Back Street Girls」は、ヤ○ザの若手3人がミスを犯して、親分から、性転換手術と全身整形でアイドルになって、金儲けをしろと言われてしまうというストーリー。

意外性の高すぎる設定ながら、地下アイドルとしてデビューした3人は、バカ売れしてしまい本質的な性格を隠しながらアイドル活動に没頭するという、ギャグ性の高い漫画で人気がありました。

ゴクドルズは、整形後の見た目が可愛すぎたのも要因ではありますが、秋葉原の裏路地にある「ゴクドルズシアター」で活動するなど、今ありありの地下アイドルユニットと言う設定も受けた理由かもしれませんね。

トップアイドルとしての資質はないにしろ、地下アイドルを支えるのはオタク中心なので、オタクが絶妙に絡んできたり、アイドルを目指す女の子が加入してきたりと、ありありの設定がウケた要因でも有ると思います。

ジャスミン・ギュは、そんなオタク文化をうまく作品に取り込んで、面白い作品を作ったと思いますよ。

 

ゴクドルズ ドラマエンディング「IDOL Kills」

「IDOL Kills」は、ゴクドルズのデビューアルバムとなります。

映画やドラマの中のユニットがそのまま歌手デビューというのも珍しい話ではありませんが、劇中の彼女たちの設定が、中身はヤ○ザな男、外見はかわいい女ということを知っていると、いささか興味が沸くと思います。

ま、実際は岡本夏美・松田るか・坂ノ上茜が演じて歌ってるわけで、そのへんは微妙ですけどもね。

 

 

 

BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-は映画もアニメも有る

「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」原作の漫画の連載は、すでに終了しています。

アニメ版の方も、すでに放送は終了しています。

この度、映画版として「BACK STREET GIRLS –ゴクドルズ-」は、2019年2月8日公開されます。

また、2019年2月19日 毎週火曜深夜1:28で、TBS系列でドラマ配信も始まります。

MBS 2月17日(日)放送スタート 毎週日曜24:50~
TBS 2月19日(火)放送スタート 毎週火曜25:28~

なお、映画版とドラマ版のゴクドルズ3人のキャストは同じとなっているようですよ。

 

 

BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ- まとめ

今回は、「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」のデビュー・アルバム「IDOL Kills」にフォーカスを当てて記事を書いてみました。

ゴクドルズの原作もアニメも見てないのですが、映画のトレーラー見ている限りでも、接待が面白すぎて楽しめる作品だと思っています。

そのなかで、劇中で使用される楽曲を集めたデビュー・アルバム「IDOL Kills」は、買う価値があるかどうかは微妙ですが、話題性は高いのかなと思い記事にしてみました。