鎌倉鶴岡八幡宮例大祭「流鏑馬神事(やぶさめ)」でデートプラン

鎌倉鶴岡八幡宮例大祭「流鏑馬神事(やぶさめ)」と言えば、鎌倉時代から続く伝統行事。

デートプランとしては、おすすめのプランの一つですね。

今年は、9月16日なので、まだまだ暑いし台風シーズンでもあるから天候次第というリスクはありますけどね。

時間は、午後1時からなので、近くでランチを食べてから行くか、見てからランチにするか、ちょっと悩ましいですね。

鎌倉鶴岡八幡宮例大祭やぶさめデート

鎌倉鶴岡八幡宮の伝統行事「やぶさめ」って、走っている馬の上から矢を射て的に当てる競技です。

見ていると簡単そうにも見えるけど、実は結構難しんですよね。

今年の射手は、鎌倉時代の装束が3名、江戸時代の装束が18名の予定です。

下の動画を見てわかるように、かなり狭いところを馬が全速で走り抜けながら、3つの小さな的を射抜きます。

この迫力は、やはり間近で見るのが一番。

デートコースの一つに入れても、結構喜ばれると思います。

見れる場所が限られるので、早めの到着が大事かと思います。

イベント自体は午後1時に始まりますが、馬が走り始めるのは午後2時頃で午後3時頃には終わります。

予約はできないので、11時過ぎ遅くても12時には到着して場所の確保が大事かもしれません。

 

鎌倉鶴岡八幡宮例大祭やぶさめデート、鎌倉への侵入コース

かまくら

鎌倉の侵入コースは、いくつかありますが、そもそも鎌倉は3方を山に囲まれ、正面が海という地形で、天然の要塞であるために都に選ばれたという過去があります。

そのために、いまだに交通の便が悪いんですね。

車の場合は

  1. 大船方面から、北鎌倉経由で侵入
  2. 藤沢方面から、大仏方面から侵入
  3. 江ノ島方面から、海岸沿いに侵入
  4. 横浜横須賀道路の朝比奈インター方面から、鎌倉霊園方面から侵入
  5. 逗子方面から、山越えか海岸沿いに侵入

この5つの方法しかありません。

地元の人なら、もう少し別の方法もありますが、狭いので割愛しておきます。

電車の場合も

  1. 大船方面から横須賀線で侵入
  2. 藤沢方面から江ノ電で侵入
  3. 逗子方面から横須賀線で侵入

の3コースしか有りません。

鎌倉は観光地のため、鶴岡八幡宮の駐車場以外にも、民間の駐車場は山程あります。

鶴岡八幡宮例大祭やぶさめデート、鎌倉は入るのも出るのも大変

鎌倉は、地形的な特徴ゆえ道路は混雑しやすいです。

侵入ルートが限られるので、割と渋滞しやすいので車での侵入は、時間的な余裕が必要かと思います。

電車を利用の場合は、遅延は起きにくいので、電車を利用するのも良い選択肢と言えるでしょう。

その場合は、大船や藤沢、逗子周辺に車を置いてくると、イベント終了後もすんなりと鎌倉を離れやすいでしょう。

藤沢や大船周辺には、食事でも買い物でも色々出来るポイントが多いので、おすすめの侵入ルートはマイカー+電車ですね。

次巻に正確に動けるのは、やぶさめの場所取りにも有利ですよ。

まとめ

今回は、9月16日に鎌倉で行わる鶴岡八幡宮例大祭「流鏑馬神事(やぶさめ)」をデートコースに組み入れる方法について書いてみました。

私は、長いこと藤沢市に住んでいて、最初の仕事場は鎌倉市だったので、道路事情については詳しいと思っていますので、参考にどうぞ。